映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』

©Universal Pictures
 アメリカがその存在を知られたくなかったほど“ぶっ飛んだ”人物、バリー・シールの生涯をトム・クルーズ主演で映画化した『バリー・シール/アメリカをはめた男』が10月21日より公開される。

<ストーリー>1970年代、大手航空会社の天才パイロットとして活躍し何不自由ない暮しを送っていたバリー・シール(トム・クルーズ)。そんなある日、彼の元にCIAのエージェントがスカウトに現れ、バリーはCIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わることに。バリーは、ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをしていた。しかし、そんな彼の背後にはとんでもない危険が迫っていた—。
タイトル 『バリー・シール/アメリカをはめた男』
公開日 2017年10月21日(土)
監督 ダグ・リーマン
脚本 ゲイリー・スピネッリ
出演 トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト・オルセン、E・ロジャー・ミッチェル、ジェシー・プレモンス ほか

掲載日:2017/10/14 16:00

人気の記事



Page Top