有村架純、坂口健太郎、行定勲監督 映画『ナラタージュ』大ヒット御礼大阪舞台挨拶レポート

 2006年版「この恋愛小説がすごい!」で1位を獲得した島本理生の同名小説を映画化した『ナラタージュ』の大ヒット御礼舞台挨拶付試写会が公開日翌日の10月8日、TOHOシネマズ梅田(大阪市北区)にて実施された。有村架純さん、坂口健太郎さん、そして本作を手掛けた行定勲監督が試写会上映後に登壇し、観客にメッセージを送った。

 映画の余韻に包まれた会場に登場した3人、まず有村さんが「こんにちは!泉を演じました有村架純です。地元の関西で舞台挨拶ができて嬉しいです!」、続けて坂口さんが「こんにちは!おおきに!小野玲二役を演じました坂口健太郎です。温かい声援をいただいてほんまに嬉しいです」関西弁で挨拶すると、観客から「おおきにー!」「大好きー!」と次々に歓声が飛び交い和やかな雰囲気に。行定監督も「おおきに!(笑)」と話しはじめ、「今日は映画館に足を運んでいただいてこの映画を選んでいただき嬉しいです。楽しめましたでしょうか?」と呼びかけると会場からは大きな拍手が起こった。

 演じた役柄について「しんどかったし、苦しかったですけど、愛おしい時間でもありました」と有村さん。有村さん演じる泉を想う大学生・小野を演じた坂口さんは「僕は少し小野君の気持ちが分かる気がしました。何度も何度も台本を読んでるうちにすごく救いたくなるような印象でした」と回答した。そんな2人の共演シーンについて行定監督は「坂口君はのびのびとポテンシャルが高くて、架純ちゃんは芯が強く信頼度の高い芝居をしてくれたので、将来楽しみだなと思うし、一緒にやってて楽しかったです」と撮影時を振り返った。過去にも共演経験のある2人、坂口さんの印象について有村さんは「一見無口そうに見えるけど、すごくひょうきんで陽気で楽しい人」と話すと坂口さんは満足げな表情で頷き、会場の笑いを誘っていた。一方、坂口さんは「監督もおっしゃっていましたが芯がある。でも儚げにも健気にも見えるから、本当の架純ちゃんはまだ未知数なところがある」と有村さんの印象を話した。

 また、関西のイメージについて問われると坂口さんは「楽しい!こういう舞台挨拶などでお伺いすると温かく迎え入れてくれるような印象」と笑顔でコメント。兵庫県出身の有村さんは「ホームって感じがします!関西弁で喋ろうと思ったらいくらでも喋れるんですけど…」と標準語から関西のイントネーションに変わると観客から「可愛いー!」の声が上がった。

 マスコミ向けのフォトセッションの最中も終始、歓声が飛び交うほどの盛り上がりを見せた舞台挨拶。最後に「皆さん本当に温かく迎え入れてくれてありがとうございます。今後この映画がたくさんの方に届くように祈っています(有村)」「この作品は人間の綺麗なところだけでなく、苦しみだったり悲しみだったり、そういうところも正直に描いた作品だと思います。見た方それぞれ受け取り方が変わる作品だと思うので『ナラタージュ』の話を皆さんでしてもらえると嬉しい(坂口)」「この作品は10年以上かけて企画をした作品で松本くん、架純ちゃん、坂口くんが揃わなかったらできなかった作品だと思います。なので10年以上かけて本当に良かった。この映画が大ヒットするように、是非とも口コミで広げていただけたら(行定監督)」とそれぞれ呼びかけた。

掲載日:2017/10/10 12:15

人気の記事



Page Top