新垣結衣と瑛太が吉本新喜劇と“ミックス”!映画『ミックス。』大阪イベントレポート

 映画『ミックス。』の公開記念イベントとして10月4日、よしもと西梅田劇場(大阪市北区)に本作でW出演を務める新垣結衣と瑛太がサプライズ出演した。

 本作は、ドラマ「リーガルハイ」で知られる脚本家・古沢良太の最新作で、不器用な登場人物たちが卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こすロマンティックコメディ。

 よしもと西梅田劇場を訪れた2人は、吉本新喜劇座長・酒井藍と“師匠”池乃めだかと舞台の打ち合わせを行い、酒井が役柄の設定が友達ということで「ゆいちゃん、えいちゃんって呼んでいい?」と前のめりに提案。恐る恐る頷く2人を見て「引いてます?」と即座にツッコミ、開演前から控室は笑いに包まれていたという。その後、新喜劇メンバーも2人加わり、本番前の本読みをスタート。新垣は女優人生で舞台に立つのは今回が初めてだといい、本番が近付くにつれて緊張の面持ちへ。そんな新垣を見て瑛太は「こんな機会はめったにないから楽しみましょう!」と励ましていた。

 本番が始まり、旅館を舞台に展開される新喜劇でお馴染みのメンバーが壇上に現れ、700席が満席となった会場は早くも笑いの渦に包まれていた。酒井藍座長演じる仲居が旅館の未来を案じる中で“温泉卓球”を提案する場面で、いよいよ2人の出番。設備を充実させるために卓球に詳しい友達がいると紹介され登場した2人に、何が起きているのかと驚きのあまり会場は一瞬静まり返るも、すぐさま悲鳴に近い歓声に包まれヒートアップ。鳴り止まない歓声に新喜劇メンバ ーが「静かに!」と言うほど盛り上がりを見せていた。物語は続き、卓球の実力を見せて欲しいと酒井が2人に卓球ラケットを持ってくると瑛太が「ボールがないですやん!」となぜか片言の関西弁でアドリブを披露し、観客は大爆笑。すかさず新垣が「ボールここにありますやん!」と酒井の肩を叩くと、酒井が「そうそう、私が卓球のボールだけど、ラケットがこんな大きくないとね...て、私人間ですねん!」と鉄板のノリツッコミネタで返し、さらに会場の笑いを誘っていた。

 舞台上では、めだか師匠が舞台の中心まで来るも登壇者全員が気づかず探しまわるというお馴染みネタも披露。瑛太が師匠の前に立ち「皆既日食になっとるで」とツッコミ、師匠が出演者を中心に集め「みさ〜げて〜ごらん〜♪」と歌うと全員が気づいてオーバーリアクションをするという“神ラリー”が繰り広げられ、笑いが絶えないステージとなった。その後、酒井から「2人は映画に出るん!?」と問われると新垣が「10月21日公開の『ミックス。』是非見てください!」と笑顔で観客にアピール。会場からは割れんばかりの拍手が起こり、2人の出番は終了した。

 出演後、新垣は「一瞬でしたがとても楽しかった。お客さんが喜んでくれて本当に良かったです。酒井藍座長や
めだか師匠たちと本番前に本読みをしたのですが、優しく受け入れてサポートしてくださいました」、瑛太は「つい舞い上がって台本に書かれていないアドリブ(関西弁)が出てしまったが、それで笑いがとれて良かった。本番中、めだか師匠の足を踏んでしまいました。謝る機会がなかったのでこの場を借りてお詫び申し上げます」とそれぞれコメント。また、酒井は「本当に瑛太さんが死ぬほど格好良くて、新垣さんが死ぬほど可愛かった。お2人ともノリノリでやってくださって、会場のお客さんもバカバカウケていて毎日出て欲しい。瑛太さんに持ち上げてもらうシーンでは脇汗が、新垣さんには顔を近づけたので口臭が…それぞれ大丈夫だったか心配です(笑)」と感想を述べた。

 映画『ミックス。』は10月21日より全国にて公開される。

掲載日:2017/10/5 00:01

人気の記事



Page Top