六甲山スノーパーク 11月から営業を開始 関西エリアでは最速

 六甲山スノーパークは、2017-2018シーズンの営業を11月18日から開始する。2018年4月1日まで営業予定。

 今シーズンは昨年より2週間早く営業を開始することで、計135日という長期間にわたりスキーやスノーボードを楽しめるという。同パーク内には、リフトとムービングベルトを完備したゲレンデ、雪ゾリや雪あそび専用の「スノーランド」のほか、レストランや物販コーナー、授乳室とオムツ替え室を完備した休憩室などもあり、子どもから大人までウィンターレジャーを楽しむことができる。また、専門のインストラクターによるスクールでは、「スキースクール」や「スノーボードスクール」のほかに人工マットと雪上レッスンを組み合わせた新方式のレッスン「スノイルキッズスクール」を実施。ボールやアーチなどの遊び道具を使いながらスキーの基礎を身に付けることができるという。
営業期間 2017年11月18日(土)~2018年4月1日(日)
営業時間 ・11月全日 9:00~17:00(16:30受付終了)

・12月1日(金)~4月1日(日)の月~木※土日祝日扱い日を除く
 9:00~17:00 (16:30受付終了)

・12月1日(金)~4月1日(日)※土日祝日扱い日
 9:00~22:00 (21:30受付終了)

※土日祝日扱い日と12月25日(月)~1月5日(金)まで
 12月9日以降、3月11日までの土日祝日のスノーボード滑走可能時間は16時以降

・スノーランドは12月1日以降全日9:00~17:00
料金 ・デイタイムチケット
販売時間 9:00~16:30(ナイター営業日は9:00~15:30)
料金 2,100円(リフト料金別)

・ナイターチケット
販売時間 16:00~21:30
料金 2,600円(リフト料金込)

掲載日:2017/10/2 00:00

人気の記事



Page Top