「夕焼けパンダ」観測会開催 明石市立天文科学館

 明石市立天文科学館(明石市)から望む夕日とNTTのパラボラアンテナが重なり、パンダのようなシルエットをつくる「夕焼けパンダ」の観測会が10月12日、行われる。現在、参加者を募集中。

 長尾高明前館長が2013年に同館から夕日を撮影中、アンテナ塔と重なりパンダのような構図になることを発見。同館では「夕焼けパンダ見てみ隊」と題し、年に2回観測会を開いている。募集は20人で応募者多数の場合は抽選となる。
開催日 2017年10月12日(木)
時間 16:30~18:00
集合場所 明石市立天文科学館2階 天文ホール
(明石市立天文科学館)
GoogleMapで探す
参加費 観覧料のみ
【一般観覧料】
大人700円
※高校生、中学生、小学生及び小学校就学前の子どもは無料
申込方法 往復はがきの往信面に氏名、電話番号、参加人数(5人まで)
当日の交通手段を記入/返信面に代表者の郵便番号、
住所、氏名を記入し下記まで応募
〒673-0877 明石市人丸町2-6 
明石市立天文科学館「夕焼けパンダ秋季隊員」係
※申し込みは9月15日必着
問い合わせ 明石市立天文科学館
TEL 078-919-5000

掲載日:2017/9/13 00:00

人気の記事



Page Top