映画『僕のワンダフル・ライフ』

© 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
 ベストセラー作家のW・ブルース・キャメロンの小説を原作した『僕のワンダフル・ライフ』が9月29日より公開される。“もしも、かつて愛した犬や猫たちが、自分にもう1度会うために生まれ変わってきてくれたなら”という愛犬家の夢を形にした、犬と人間のラブストーリー。

<ストーリー>ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリー(声:ジョシュ・ギャッド)の“最愛の人”は、暑い車の中に閉じ込められて苦しんでいるのを救ってくれた8歳の少年・イーサン(ブライス・ゲイサー)。それ以来、喜びも悲しみも分かち合い固い絆で結ばれていくが、人間より短い犬の寿命、ついにベイリーとの別れの日がやってくる。ベイリーは悲しむイーサンを見ながら「イーサンを愛し、幸せにするのが僕の役目なのに」と心から悔やみながらこの世を去っていった。そんな思いが通じたのか、ベイリーははエリーという女の子のシェパードに生まれ変わる。しかし、そう簡単にはイーサンとは出会えなかった。そして、3度目の”転生”でようやくイーサンと再会できたベイリーは、なぜ何度も生まれ変わったのか、自らに与えられた“重要な使命”に気付くが─。
タイトル 『僕のワンダフル・ライフ』
公開日 2017年9月29日(金)
監督 ラッセ・ハルストレム
原作 「野良犬トビーの愛すべき転生」 W・ブルース・キャメロン著(新潮文庫)
出演 ジョシュ・ギャッド(声)、デニス・クエイド、ペギー・リプトン、K・J・アパ、ブリット・ロバートソン ほか
日本語吹替版 高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、大塚明夫 ほか

掲載日:2017/9/14 00:00

人気の記事



Page Top