BLACKPINK、城田優、千葉雄大が登場『神戸コレクション 2017 A/W』レポート

『神戸コレクション 2017 AUTUMN/WINTER』が9月3日、ワールド記念ホール (神戸市中央区)にて行われた。“旅の支度をするように、わくわくした気持ちで、神戸コレクションに向けておしゃれを楽しんでほしい”という想いが込められた「LIKE A JOURNEY」をテーマに、モデルをはじめとした約135人が出演。過去最高人数となる1万3783人が来場し、盛り上がりを見せた。

 松井愛莉や河北麻友子、朝比奈彩、石田ニコルなど人気モデルが約30ブランドの最新コーディネートで登場。チェック柄やジャケット、ベロアやサテンなどのツヤ感のある素材、膝下の長め丈スカート、ショッピングバッグタイプが今年ならではのファーバッグなど、今年注目の秋冬トレンドファッションに身を包み、華やかなショーを展開した。

 昨年、江崎グリコステージで女装姿を披露した千葉雄大が、今回は人気商品パピコのなめらかさを表現する洋服を自ら考案。パピコをイメージさせるベージュのサテン生地を基調にした衣装を身にまとい、ステージで回るなど洋服をなびかせながら、なめらかさを表現するようなウォーキングで会場を沸かせた。また、前回シークレットゲストとして初ランウェイウォークを見せた田口淳之介がライブを披露。9月13日よりリリースとなる1stアルバム「DIMENSIONS」より3曲を歌い上げ、抜群のスタイルを駆使したダンスパフォーマンスで観客を魅了した。

 そのほか、シークレットゲストの安藤なつ(メイプル超合金)がトレードマークであるメガネを外し“バッチリメイク”で登場し、セクシーな投げキッスや相撲の土俵入りのポーズで会場を沸かせたほか、3rdステージに登場したお笑い芸人のゆりやんレトリィバァは、アカデミー賞授賞式でハリウッド女優の感極まったスピーチのモノマネで、英語のスピーチをしながら“あるあるネタ”を関西弁で挟んでいくネタを披露し、会場からは大きな笑いが起こっていた。5年ぶりの出演となった城田優や花沢将人、上杉柊平などメンズゲストも登場し、黄色い歓声が上がっていた。

 この日最高潮の盛り上がりを見せたのは、トリを務めた4人組ガールズグループ「BLACKPINK」。「BIGBANG」や「iKON」などで知られるYG ENTERTAINMENTの新グループとして8月に日本デビューし、7月には日本武道館での来日初公演となるデビューショーケースを行ったことでも話題を集めていた。モニターに紹介ムービーが流れると会場には割れんばかりの歓声があがり、彼女たちがステージに現れると観客は大熱狂。泣きながら見つめる女の子たちもいるなど、圧巻のライブパフォーマンスと可愛らしい日本語でのMCで観客を魅了した。最後に、モデルらが総出演するグランドフィナーレで華やかに幕を閉じた。

掲載日:2017/9/4 00:02

 
 
 
 

人気の記事



Page Top