姫路市立水族館でタコクラゲの展示を開始

 姫路市立水族館(姫路市西延末)で現在、タコクラゲが本館1階のクラゲファンタジアコーナーにて展示されている。

 タコクラゲは根口クラゲ目タコクラゲ科に属するクラゲの一種で、丸い傘と8本の腕(口腕)がタコを連想させることから、この名が付けられた。タコクラゲは和歌山や四国などのやや南の暖かい海に分布しており、姫路の海には生息していないが、ごく稀に南の海から迷い込み見つかることがあるという。

 担当者は「白い水玉模様の入った丸い傘をせっせと動かして泳ぐ様子は、とても可愛くて癒されるので、この機会に是非見て欲しい」と語っている。
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 姫路市立水族館
(姫路市西延末440 手柄山中央公園内)
GoogleMapで探す
アクセス ・電車
山陽電車「手柄駅」から徒歩約10分

・バス
JR「姫路駅」南口⇒神姫バス95、96番路線「姫路市文化センター前」下車 徒歩約5分
JR「姫路駅」南口⇒神姫バス97番路線「姫路市文化センター前」下車 徒歩約5分(手柄山ループバス)※土日祝のみ運行

・車
姫路バイパス「中地IC」から約2km
入館料 大人510円、小・中学生200円
問い合わせ 姫路市立水族館
TEL 079-297-0321

掲載日:2017/9/2 16:00

人気の記事



Page Top