長澤まさみ、松田龍平登壇 映画『散歩する侵略者』大阪舞台挨拶レポート

 8月30日、映画『散歩する侵略者』の舞台挨拶が大阪ステーションシティシネマ(大阪市北区)にて行われ、長澤まさみさんと松田龍平さん、そして本作を手掛けた黒沢清監督が登壇した。

 劇作家・前川知大氏率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化。その人が大切にしている概念を奪うという“侵略者”に乗っ取られた夫の異変に戸惑いながらも夫婦の再生のために奔走する妻・鳴海を演じた長澤さんは「怒っているんですよ、大半が。怒る感情は体力を使うのでヘロヘロになっていましたね」と役柄を振り返った。その夫役の松田さんは「侵略者と言っても初めて地球に来た侵略者なので、何も知らない。ある意味子どものようなもの。ある日急に夫が子どもみたいになるから長澤さんは怒り続ける。でも、想像以上に長澤さんが怒っていて、始めはなんでそんなに怒るのか分からなかったんですよ。そんな気持ちが宇宙人とリンクするというか…」と話し、続けて「でも、怒ることは愛情の裏返し。興味がない人には怒らないじゃないですか。『そういうことなんだ』と最後には分かって、長澤さんはすごいなって、凄い女優だなって」と感心しきり。

 本作が初共演となる2人はお互いの印象についても問われ、長澤さんは「松田さんは面白い人。ユーモアがすごくある方なので、ボソっていう一言が笑えて、その場の空気を変えちゃう。愛されキャラ」と回答。対して松田さんは「長澤さんは食いしん坊キャラです(笑)」とコメントし会場の笑いを誘うも「冗談です(笑)」と続け、「今回は長澤さんにグイグイ引っ張ってもらって。侵略者を演じるのは探り探りやっていた部分もあったので、道しるべが長澤さん演じる鳴海だった。とにかく明るくてマイペースな方なので、自分もそういう風にいられた」と撮影時を振り返った。

 また、大阪で食べたグルメについて質問され、長澤さんが「肉まんの元祖…」と答え始めると、黒沢監督がすかさず「それ、大阪じゃなくて神戸じゃない?」とコメント。長澤さんが「さっき食べたから…すみません。神戸出身だから怒ったんですか…?」と黒沢監督に投げかけると「違います、違います。ちょっと指摘しただけです」と慌て、会場からは笑いが起こる場面も。

 最後に「何でもない日常というところから始まって、だんだん奇妙なカタチに変化していく。最初は信じられないようなふざけた出来事でしかなく、こっちも冗談のように撮っていますので、笑っていただけると嬉しいです(笑)。どんどんその笑いもなくなって『どうも本当のことらしい』と気づき、この夫婦がどんな結論に達するのか、そこは覚悟してご覧ください(黒沢監督)」、「『散歩する侵略者』というタイトル通り、いつの間にか日常の散歩の中に悠々と侵略者がいるかもしれないという想像力をかき立てる。スカッと楽しめるエンターテインメントにもなっていると思うのでぜひ楽しんで下さい(松田)」、「大半が怒っている役だったんですけど、その怒りの感情の裏側には何があるのかというのが夫婦の物語の見所になっていると思います。長谷川(博己)さんのシーンも驚くような世界観が広がっていて、本当に今までに観たことのない映画になっていると思うので、ぜひ観てみてください(長澤)」とアピールし、締めくくった。

 映画『散歩する侵略者』は9月9日より全国にて公開される。

掲載日:2017/8/31 00:01

©2017『散歩する侵略者』製作委員会

人気の記事



Page Top