兵庫陶芸美術館『今右衛門の色鍋島ー煌めく人間国宝の技と美、そのルーツ』 篠山市

色絵薄墨墨はじき雪文百合鉢 十四代今泉今右衛門 2008年 個人蔵
 兵庫県産陶磁器を中心に、古陶磁から現代陶磁まで幅広く展示する兵庫陶芸美術館(篠山市)で9月9日から11月26日まで『今右衛門の色鍋島ー煌めく人間国宝の技と美、そのルーツ』が開催される。

 色鍋島は、江戸期の佐賀・鍋島藩窯で、将軍家への献上品、幕閣・公家・諸大名らへの贈答品、藩の城内で用いるために作られた最高級の色絵磁器で、藩政期に代々御用赤絵屋をつとめていた今泉今右衛門家は色鍋島の伝統を明治期以降から現代まで継承してきた。

 同展では、2014年に陶芸家としては史上最年少の51歳で国の重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定され、「墨はじき」という伝統の白抜き技法をメインに、色鍋島の新たな造形的魅力を追及している当代・十四代今右衛門(1962-)の最新作をはじめ、明治期以降に色鍋島の伝統美を保持・発展させてきた歴代今右衛門の作品など約180点が展示される。

 また、開催初日となる9月9日には十四代今右衛門と落語家・五代目桂米團による対談とギャラリートーク、9月24日には「墨はじき」を体験できるワークショップなど会期中に様々な催しも行われる。
開催期間 2017年9月9日(土)~11月26日(日)
※月曜(祝日の場合は翌日)休館
開館時間 ・10月31日(火)まで10:00~19:00
・11月1日(水)から10:00~18:00
(入館はいずれも閉館の30分前まで)
場所 兵庫陶芸美術館
(篠山市今田町上立杭4)
GoogleMapで探す
アクセス ・電車
JR福知山線「相野駅」⇒神姫グリーンバス「兵庫陶芸美術館行」「こんだ薬師温泉行」「清水寺行」乗車「兵庫陶芸美術館」下車すぐ

・車
舞鶴若狭自動車道「三田西IC」から約15分、または「丹南篠山口IC」から約20分
中国自動車道「滝野社IC」から国道372号を東へ約30分
国道176号を北上、三田市四ツ辻信号を左折約15分
観覧料 一般1,000(800)円、大学生800(600)円、高校生以下無料
※( )内は特別割引および20人以上の団体料金
※70歳以上の人は半額
※障害のある人は半額、その介助者1人は無料
※17:00以降に観覧する場合は夜間割引料(半額)
※特別割引券はローソンチケット・ミニストップ(Lコード55093)、セブンイレブン(セブンチケット)、ファミリーマート(Famiポート)で11月25日(土)まで販売
申し込み・問い合わせ 〒669-2135
兵庫県篠山市今田町上立杭4
兵庫陶芸美術館
TEL 079-597-3961

掲載日:2017/8/24 16:00

人気の記事



Page Top