上戸彩、斎藤工、西谷弘監督がサプライズ登場 映画『昼顔』大阪試写会 舞台挨拶レポート

 5月14日に関西テレビ・なんでもアリーナ(大阪市北区)で映画『昼顔』の試写会に、主人公・紗和を演じる上戸彩さん、紗和と恋におちる北野を演じる斎藤工さん、西谷弘監督がサプライズ登場し、舞台挨拶が行われた。

 2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』の続編を描いた本作。『容疑者Xの献身』や『任侠ヘルパー』で知られる西谷監督が『昼顔』の叙情的な世界感を映画ならではの美しい映像と音楽、深く綿密に紡がれた物語のカタルシスで描き出す。

 3人が登場すると、当日の舞台挨拶を知らされていなかった400人のファンからは悲鳴のような歓声があがり、上戸さんも「東京での完成披露試写会より会場は小さいですが、大阪の方はひとりひとりの歓声が大きいせいかその時より盛り上がっている感じで、テンションが上がってきちゃいました!」と興奮した様子。そんな“大阪パワー”をみた斎藤さんも「大阪で関西の人の前に立つと、この地域の持つエネルギーを感じる」とコメントした。

 女優として更なる新境地を開くべく、この映画化に並々ならぬ覚悟で挑んだという上戸さんは撮影について「(紗和と北野の)再会のシーンがクランクインだったんですが、目の前には北野先生がいて、一瞬にして2年前のお別れしたシーンの気持ちに戻った。心が苦しくて、涙が止まらなくなり、北野先生が自分の中に生き続けていたんだな、紗和の感覚も失っていなかったんだな、ということが確信できた1日だった」と振り返り、「ファンの皆さんがいてくださったから、3年経って続編が実現することができた。とても嬉しく思います」と喜びをかみしめた。斎藤さんは「適度な距離を保って、すり合わせみたいなものもなく始められてこんな方と一緒に芝居が出来て幸せだなと思った。自分の俳優人生を変えてくれた大事な作品で、監督と上戸さんとこの場に来られて光栄です」と本作にかける想いを語った。そんな2人の演技に監督は「3年のブランクがあったけど細かい指示は必要なかった。最初のテストの段階で、上戸さんがもう紗和になっていて。この作品は、お芝居というよりドキュメントのような感じで見ていただければ」と呼びかけていた。

 西谷監督が「太陽の下に出られない2人、大人だけど少年少女のような恋愛をしている2人」をイメージして探したというロケ場所について上戸さんは、「本当に景色の良い場所だったんですが、遠かったです」と苦笑いしながらも「2人だけの秘密基地みたいだった」とコメント。斎藤さんも「海も山もあって自然がたくさんあって、北野先生は自然の中に居ると生き生きするのでありがたかった」と笑顔をみせた。終始息ぴったりな掛け合いで会場を楽しませた3人。最後に、上戸さんから最後の挨拶を無茶ぶりされた斎藤さんは「何も考えてないよ!」と驚きながらも「この作品は深い所に誘ってくれる引力を持った作品なので、深いところで感じてください。それでは、『昼顔』の時間に浸ってください。おおきに!」と関西弁を交えた挨拶で締めくくり、盛況のうち舞台挨拶は終了した。

 映画『昼顔』は6月10日より全国にて公開される。

掲載日:2017/5/15 16:01

人気の記事



Page Top