神戸どうぶつ王国 新エリア『ビーバークリーク』先行公開 神戸市中央区

餌を食べるアメリカビーバーの親子
 神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)に新しいエリア『ロッキーバレー~北アメリカの動物たち~』が建設されている。施設内の南側に位置するこのエリアは『アニマルプロムナード』をリニューアル、『ビーバークリーク』と『クーガーウォーク』の2つのコーナーに分かれる。4月28日よりアメリカビーバーやスカンク、クビワペッカリーを観察できる『ビーバークリーク』が先行公開された。

 大きな平たい尻尾をもつアメリカビーバーは5頭が生息、昨年誕生した3つ子を含む親子が仲睦まじく暮らしている。水場と岩場を備えた水槽内では、尾を舵のように使い水中を自由に泳ぐ様子や、ニンジンなどの餌を両手を使って器用に食べる姿などが目線の高さで観察できる。奥のスペースでは現在3匹のシマスカンクを展示している。強烈な悪臭を放つことで身を守るイメージが強いスカンクだが、顔立ちはかわいらしく、大きなふわふわの尻尾に小さな体で動き回る様子は人気を集めそうだ。また、「ヘソイノシシ」の別名がありながらイノシシの仲間ではないというクビワペッカリーは、つがいの2頭が生息する。首輪に見える体の模様が名前の由来で、互いの体をこすりつけ合う毛づくろいの場面も目にすることができる。

 もう1つのコーナー『クーガーウォーク』は、2017年夏にオープン予定。ネコ科の肉食獣クーガーのほか、後ろ足で立つ姿が特徴的なプレーリードッグを迎えて新エリアが完成する。
公開日 2017年4月28日(金)
開園時間 平日 10:00~16:30 ※入場は16:00まで
土・日・祝日 10:00~17:00 ※入場は16:30まで

※4月29日(土)~5月2日(火)は9:00~18:00 ※入場は17:30まで
※「アニマルナイト」5月3日(水・祝)~7日(日)は9:00~21:00 ※入場は20:30まで
 (アウトサイドパークは18:30閉場)
場所 神戸どうぶつ王国
(神戸市中央区港島南町7-1-9)
アクセス 三宮からポートライナーに乗車「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)駅」下車すぐ
入園料 大人(中学生以上)1,500円、小学生800円、シルバー(65歳以上)1,100円、4歳・5歳300円
問い合わせ 神戸どうぶつ王国
TEL 078-302-8899

掲載日:2017/4/29 00:01

シマスカンク
クビワペッカリー
今夏オープン予定の『クーガーウォーク』コーナー
人気のレッサーパンダ
コツメカワウソ
コモンマーモセット
 
 
 

人気の記事



Page Top