このイベントは終了しました。

兵庫県立美術館『ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』

ヒエロニムス・ボス工房《トゥヌグダルスの幻視》1490-1500 年頃
 ラサロ・ガルディアーノ財団蔵 ©Fundación Lázaro Galdiano
ピーテル・ブリューゲル(父)[原画]/ピーテル・ファン・デル・ヘイデン[彫版]
 《魔術師ヘルモゲネスの転落》1565 年 プランタン=モレトゥス博物館蔵
Museum Plantin-Moretus/Prentenkabinet, Antwerp - UNESCO World Heritage
フェルナン・クノップフ《天使》1889 年 ベルギー王立図書館蔵
The Royal Library of Belgium. All rights reserved.
トマス・ルルイ《生き残るには脳が足りない》2009 年 ロドルフ・ヤンセン画廊蔵 copyright: studio Thomas Lerooy, Brussels
courtesy: Rodolphe Janssen, Brussels photo: Philippe D, Hoeilaart
 兵庫県立美術館(神戸市中央区)で5月20日から7月9日まで特別展『ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』が開催される。

 15世紀から現代に至るまでの現ベルギー・フランドル地方周辺で生み出された幻想絵画のカテゴリー“奇想”の表現に焦点を当て、作品を紹介。地獄の世界や死のイメージなどの教訓が含まれたテーマを恐ろしくもユーモアたっぷりに表現した絵画や版画、写真、彫刻、インスタレーションなどの多様な作品が15〜16世紀の貴重なものを含め、約120点展示される。悪魔や怪物をまるで存在するかのように写実的に描いた奇才ヒエロニムス・ボスや、そこからさらに鋭い観察眼で親しみも表現したピーテル・ブリューゲル(父)、リアリティと深い感情表現を追求して悪魔などを描いたバロック美術の巨匠ルーベンスなど、15世紀から17世紀のフランドル美術に始まり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、そして現代のヤン・ファーブルや若手の作家に至る、およそ500年の“奇想”の表現の系譜をたどる。

 6月10日は関連イベントとして、ブリューゲルの代表作の1つ「ゴルゴタの丘への行進」の世界を実写とCGで再現した体感型アート映画「ブリューゲルの動く絵」の特別上映会も行われる。そのほか講演会などの様々なイベントが行われ、ベルギーがチョコレートの産地であることにちなんだ催しも実施。6月11日と25日の2日間は世界各地を巡るバイヤーお勧めのベルギーチョコレートを試食しながらチョコレートに関する話と展覧会の紹介を聞く特別イベント「幸福のチョコレート講座〈ベルギー編〉」が館内のレストラン ラ ピエール ミュゼにて実施され、会期中同レストランでは焼き立てワッフルとコーヒーのセットの提供も行われる。
◆特別イベント
「幸福のチョコレート講座〈ベルギー編〉」※要事前申込・先着順
日時 6月11日(日)、25日(日) 各日15:00〜(約90分)
場所 ラ ピエール ミュゼ(兵庫県立美術館内)
定員 各回50人 料金 2,500円(チョコレート代、飲み物代、展覧会チケット代含む)
申し込み方法 ①氏名(ふりがな)、②電話番号、③参加希望日、④参加人数(1通につき2人まで。同行者の
名前も記載)を明記の上、 happy-belgian-chocolate@artm.pref.hyogo.jp まで申し込み。
※1週間以内に返信がない場合は美術館まで確認。

◆関連イベント
記念講演会1「ブリューゲル絵画の秘密-その発想源をめぐって」
日時 6月4日(日) 14:00〜(約90分)
場所 ミュージアムホール
講師 森洋子氏(明治大学名誉教授)
聴講無料(定員先着250人、要観覧券)

記念講演会2「奇想のイメージ-マグリットとシュルレアリスム」
日時 6月18日(日) 14:00〜(約90分)
場所 ミュージアムホール
講師 速水豊氏(三重県立美術館館長)
聴講無料(定員先着250人、要観覧券)

学芸員による解説会
5月27日(土)「第1章 15―17世紀のフランドル美術」
6月17日(土)「第2章 19世紀末―20世紀のベルギー象徴派・表現主義」
7月1日(土)「第3章 20世紀のシュルレアリスムから現代まで」
時間 16:00〜(約45分)
場所 レクチャールーム
聴講無料(定員先着100人)

おやこ解説会
日時 6月3日(土)11:00〜(約30分)
場所 レクチャールーム (聴講無料、定員先着20組)

KEN-Vi 名画サロン特別上映「ブリューゲルの動く絵」(2011年/ポーランド・スウェーデン/96分)
日時 6月10日(土) 10:30〜/13:00〜/15:00〜(入替制)
場所 ミュージアムホール (定員先着250人)
料金 大人(一般・シニア) 1,000円、芸術の館友の会会員500円
問い合わせ TEL 078-331-6100

こどものイベント
「わたしの幻想世界」※要事前申込
日時 6月24日(土)10:30〜/14:00〜(各回約2時間)
場所 アトリエ2
料金 500円(各回定員30人)
※詳細は5月24日(水)よりこどものイベント係(TEL 078-262-0908)まで問い合わせ。

ミュージアム・ボランティアによる解説会
日時 会期中毎週日曜日 11:00〜(約15分)
場所 レクチャールーム(聴講無料、定員先着100人)
タイトル 特別展『ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』
開催期間 2017年5月20日(土)〜7月9日(日)
10:00〜18:00(金・土は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
場所 兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
GoogleMapで探す
休館日 月曜日
観覧料 一般 1,500(1,300)円、大学生 1,100(900)円、70歳以上 750(650)円、高校生以下無料
※()内は前売り、団体料金
問い合わせ 兵庫県立美術館
TEL 078-262-0901

掲載日:2017/5/1 16:00

3. ピーテル・ブリューゲル(父)[原画]/ピーテル・ファン・デル・ヘイデン[彫版]
 《魔術師ヘルモゲネスの転落》1565 年 プランタン=モレトゥス博物館(アントワープ)蔵
1. トマス・ルルイ《生き残るには脳が足りない》2009 年 ロドルフ・ヤンセン画廊(ブリュッセル)蔵 copyright: studio Thomas Lerooy, Brussels
courtesy: Rodolphe Janssen, Brussels photo: Philippe D, Hoeilaart
4. フェルナン・クノップフ《天使》1889 年 ベルギー王立図書館(ブリュッセル)蔵

人気の記事



Page Top