このイベントは終了しました。

西脇市内で新ご当地グルメ「西脇ローストビーフ」の紹介パンフレット配布開始

 日本列島の中心に位置することから“日本のへそ”と呼ばれる西脇市の新たなご当地グルメ「西脇ローストビーフ」の紹介パンフレットが、道の駅「北はりまエコミュージアム」(西脇市寺内)をはじめとする市内の公共施設で配布されている。

 同市黒田庄町の清流のほとりで酒米・山田錦の稲わらをエサに育てられる黒田庄和牛は、出荷牛のほとんどが和牛のトップブランド「神戸ビーフ」の厳しい認定基準をクリアするほどの極上肉で、甘味のあるジューシーな味わいが特徴。「西脇ローストビーフ」は黒田庄和牛の4つのモモ肉を使い、地元産の野菜と各店舗オリジナルソースを合わせて食べる“新ご当地グルメ”として、2016年2月に誕生した。

 今回発行されたパンフレットには、「西脇ローストビーフ」を提供する市内の飲食店14店舗を掲載、各店自慢のメニューに加えて店舗の場所を示したマップも付いている。
配布日 2017年4月上旬
配布場所 道の駅「北ほりまエコミュージアム」
(西脇市寺内517-1)
GoogleMapで探す
など市内公共施設
問い合わせ 西脇市観光協会
TEL 0795-22-3111

掲載日:2017/4/8 16:00

人気の記事



Page Top