このイベントは終了しました。

映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』神戸ファッション美術館で関連衣装展示

 NYメトロポリタン美術館を舞台に、ファッションをテーマとした伝説の展覧会に密着したドキュメンタリー映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』の公開を記念して、神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)で4月15日より関連衣装の展示が行われる。期間は6月25日まで。

 同館のベーシック展示、特集テーマ「イヴニング・ドレス」内で公開され、ジャン=ポール・ゴルチエ(1990年代)やイヴ・サンローラン(1958年)、クリスチャン・ディオール(1957年)など本作に登場する世界最高峰のデザイナー、メゾンに関連したイヴニング・ドレスが展示される。また、同展では1850-55年頃の歴史衣装や1880年頃のイヴニング・ドレスが展示されるのほか、西洋服飾史年表では18世紀から現在までの収蔵品を時系列に沿って鑑賞できる。

 『メットガラ ドレスをまとった美術館』は4月15日より順次公開、兵庫県では4月29日よりシネ・リーブル神戸にて上映される。
タイトル ベーシック展示 特集テーマ「イヴニング・ドレス」
映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』関連衣装 展示
開催期間 2017年4月15日(土)~6月25日(日)
※月曜休館(祝日の場合は翌平日休)
場所 神戸ファッション美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料 一般 500円、小中高・65歳以上 250円
問い合わせ 神戸ファッション美術館
TEL 078-858-0050

掲載日:2017/4/6 00:00

人気の記事



Page Top