映画『帝一の國』

©2017 フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社
 集英社「ジャンプSQ.」で2010年から5年間連載され、美麗な作画と異色の物語で人気を博すコミックの実写映画化『帝一の國』が4月29日より公開される。

<ストーリー>全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝のトップ・生徒会長を務めたものには、将来の内閣入りが確約されていた。「総理大臣になり自分の国を作る」という夢を叶えるため首席入学を果たした赤場帝一(菅田将暉)は、「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ。そのためならどんな汚いことでも何でもする」と決意していた。帝一は、「2年後の生徒会長選挙で優位に立つには1年生の時にどう動くかが鍵」と誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出す。しかし、そこには想像を絶する罠と試練、友情と裏切りが待ち受けていた。命がけの“生徒会選挙”がいま幕を開ける—。
タイトル 『帝一の國』
公開日 2017年4月29日(土・祝)
原作 「帝一の國」古屋兎丸(集英社ジャンプコミックス)
監督 永井聡
脚本 いずみ吉紘
出演 菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大/永野芽郁、吉田鋼太郎 ほか

掲載日:2017/4/7 16:00

人気の記事



Page Top