展覧会『柳原良平 アンクル船長の夢』 尼崎市総合文化センター

《アンクル船長と大阪南港》2010年頃 大阪市立中央図書館蔵
 尼崎市総合文化センターで5月20日から、トリスウイスキーのCMキャラクター「アンクルトリス」のイラストを手掛けた柳原良平さんの作品と資料を展示する関西初の回顧展『柳原良平 アンクル船長の夢』が開催される。7月9日まで。

 1950年代にサントリー トリスウイスキーの広告に登場して国民的キャラクターとなった「アンクルトリス」の作家である柳原良平さんは、イラストレーター、デザイナー、画家、文筆家など幅広い分野で活躍し、その作品は多くの人に親しまれていた。同展では柳原さんが少年期から青年期までを過ごした京都・兵庫・大阪ゆかりの作品や資料が大阪市立中央図書館「アンクル船長のギャラリー」から、長い期間暮らした横浜に関する作品と資料が横浜みなと博物館から出品される。後の活動の原点となる少年時代のスケッチや自作機関誌、代表作である「アンクルトリス」の作品と関連資料などを展示。また、柳原さんは長きにわたって船や港をモチーフに作品を制作しており、船の画家「アンクル船長」として多くの作品を発表した。今回の展示でも船や港に関する切り絵や油彩画、水彩画、版画などの様々な作品と、自作の船の模型や収集していた船舶グッズなどの資料が幅広く紹介される。また、会期中の来場者には、先着で4000人に展覧会オリジナルコースターがプレゼントされる。

 開催前日の5月19日は開会式と内覧会、レセプションが行われるプレイベントが開催される。関係者のほか一般公募者の招待を実施。さらに、5月20日には海・船・港と作品の魅力を解説する講演会、6月18日にはワークショップ「柳原良平の絵で海や船の絵本をつくろう」、6月11日と7月2日にはギャラリートークなど、関連イベントも実施。プレイベントと講演会、ワークショップについては事前予約を受け付けている。
◆関連イベント
・プレイベント
日時 5月19日(金) 15:30〜18:00
場所 尼崎市総合文化センター 美術ホールなど
定員 50人 応募者多数の場合は抽選

・講演会(参加者は当日展覧会にも招待)
日時 5月20日(土) 14:00〜15:30予定
場所 尼崎市総合文化センター 7階第2会議室など
定員 60人 応募者多数の場合は抽選

<プレイベント・講演会の申込み方法>
往復はがきに必要事項を記入して応募。
①「プレイベント」「講演会」いずれかを記入。
②氏名 ③住所 ④電話番号 ⑤年齢 ⑥人数(1枚につき2人まで。記入がない場合は1人とする)
申込み先 〒660-0881 尼崎市昭和通2丁目7-16
(公財)尼崎市総合文化センター展覧会 係
締切 4月20日(木)必着

・ワークショップ「柳原良平の絵で海や船の絵本をつくろう」
日時 6月18日(日) 14:00〜15:30予定
対象 小学4年生〜中学3年生
定員 10人 参加費 無料
申込み方法 6月11日までに電話予約 TEL 06-6487-0806 文化担当
タイトル 『柳原良平 アンクル船長の夢』
開催日時 2017年5月20日(土)〜7月9日(日)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
※火曜日休館
場所 尼崎市総合文化センター 5階・4階美術ホール
(尼崎市昭和通2丁目7-16)
GoogleMapで探す
観覧料 一般 800円、シニア(65歳以上) 700円、大・高校生 600円、中学生以下無料
【前売り】一般 600円、大・高校生 400円
※前売り券販売期間 4月1日〜5月19日
問い合わせ 尼崎市総合文化センター
TEL 06-6487-0806

掲載日:2017/5/16 00:00

人気の記事



Page Top