メリケンパークが4月5日リニューアルオープン、新たに桜並木や西日本最大級のスタバなど

完成パース(夜間景観)
 完成から30年を迎える神戸開港150年を契機に、より魅力的なウォーターフロント空間を目指してリニューアル工事を進めてきたメリケンパーク(神戸市中央区)が、4月5日より全面開放される。

 従来の多目的広場やステージ、憩いの芝生広場を拡張・改修し、さらに多くの人々が集えるスペースを確保。展望広場への中央通路部には、神戸の新たな桜の名所になるようにと、ソメイヨシノ・オオシマヤマザクラ計50本の桜並木が整備された。パークを囲む水際沿いの手すりには照明を施し、樹木やモニュメントへのライトアップ、デザイン照明によるカラーライティングと合わせて夜間の景観を賑やかに彩る。さらに展望広場では床面にLED照明を埋め込み、星空のようなロマンチックな夜景を演出する。

 また、新たなフォトスポットとして神戸市民の誇りや愛着を表す「BE KOBE」のモニュメントが設置されるほか、西日本最大級かつ関西エリア初となる『スターバックス コーヒー』の公園内店舗が出店し、これまで以上に賑わうことが期待されている。オープン日の4月5日にはリニューアル完成式典が催され、新モニュメントの披露とライトアップ点灯式が行われる。
オープン日 2017年4月5日(水)
場所 メリケンパーク
(神戸市中央区波止場町2)
GoogleMapで探す
関連イベント ・ニューアル完成式典
日時 2017年4月5日(水)17:00~18:15※予定
場所 メリケンパーク内
内容 モニュメント「BE KOBE」披露、夜間ライトアップ点灯式

掲載日:2017/3/15 00:01

完成パース

人気の記事



Page Top