満島真之介、神山健治監督 映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』大阪舞台挨拶を実施

 少し先の未来を舞台に夢とリアルをスリリングに行き来するロードムービー『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の大阪舞台挨拶が3月7日、松下IMPホール(大阪市中央区)で行われた。主人公・ココネ(高畑充希)の幼馴染・モリオを演じた満島真之介さんと『攻殻機動隊S.A.C.』『精霊の守り人』『東のエデン』などで知られ、本作では原作・脚本も手掛けた神山健治監督が登壇した。

 10代〜20代の女性ファンを中心に会場に集まった約800人の歓声に包まれながら登場した満島さんは、「久しぶりに大阪に上陸しました。大阪が大好きで、毎週毎週大阪に行きたいと思っています。食べ物はおいしいし、人との距離感が近くていい」と喜びを語り、「今日は高畑さんの代わりに可愛い“ジョイ(劇中キャラクターのぬいぐるみ)”も連れてきたので、 男ばっかりと思った方はジョイを見てください!」と笑いを誘った。神山監督は父と娘の物語を描いた理由を問われると「父と娘って一番摩擦が起きにくい関係だと思うんです。父と息子の関係はハリウッド映画とかでもよくあるし、母と娘は友達か女同士の関係性になってしまう。娘は年頃になるとお父さんのことが嫌いになってきて、父親は年頃の娘にどうやって接していいかわからなくなる。なので父と娘の関係性のドラマは一番生まれにくいんですけど、その中にはいろんな思いがある」と本作への想いを熱く語った。

 最後に観客へのメッセージを求められると、満島さんはジョイのぬいぐるみを手に「ジョイも頑張ってま〜す!」と突然モノマネを披露し、「全然ダメですね。本物の方が断然可愛いですね」と照れた表情。続けて「本当に昨今アニメの映画は世界に誇る素晴らしい作品がたくさんできていますが、また新たな金字塔ができたと思っています。そんな作品に参加できた喜びと幸せを毎日感じています」と話し、「神山監督の頭の中で紡ぎだされた物語によって、愛するキャラクターたちが奮闘し、大活躍します。あまり頭で考えず、素直に受け止めて観た方が楽しめる映画。そしてエンドロールが終わって電気がつくまでは絶対に帰らないでください。そこにはもうひとつドラマが待っていますので」とアピールした。神山監督は「ほんわかした温かい家族のドラマでもありますが、女子高生の日常からスペクタクルに発展していき、最後はとてもチャーミングなラブストーリーになっています。ジェットコースターのような映画なので、先入観なく身をゆだねて楽しんでいただけたら」と笑顔で締めくくった。

 映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は3月18日より全国にて公開。

掲載日:2017/3/8 16:00

人気の記事



Page Top