田口淳之介、小嶋陽菜、野村周平ら豪華ゲスト登場『神戸コレクション 2017 S/S』レポート

 3月4日、ワールド記念ホール(神戸市中央区)にて『神戸コレクション 2017 SPRING/SUMMER』が開催された。記念すべき30回目の今回は、河北麻友子、石田ニコル、筧美和子、池田エライザ、朝比奈彩などのモデルをはじめ、「30th ANNIVERSARY」にふさわしい豪華ゲストが続々登場し、過去最高来場者数となる1万3562人を記録。会場は“ファッションを愛する女の子の歓声と笑顔”で溢れ、盛り上がりを見せていた。

 20を超えるブランドの最新ファッションで華やかなショーを展開する中、野村周平・黒島結菜・平祐奈・玉城ティナによる映画『サクラダリセット』のスペシャルコラボステージが行われるほか、ゲストモデルとして出演したベッキーや剛力彩芽、結婚後初のランウェーとなったぺこ・りゅうちぇる、“逃げ恥”ことドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の出演で話題を集めた俳優・大谷亮平や「仮面ライダーフォーゼ」シリーズで知られる俳優・吉沢亮、大迫力のパフォーマンスを見せつけたIKKOらが登場し、会場からは大きな声援が送られた。ロバート・秋山竜次が扮する“トータル・ファッション・アドバイザー”YOKO FUCHIGAMIのステージでは、カレーをこぼしたシミを柄にしたTシャツなど斬新すぎるデザインを解説付きで披露し、観客の笑いを誘っていた。さらに、“いい女には悪い虫が寄ってくる”というコンセプトで展開された虫除けスプレーのステージでは、“チャラ男”ことオリエンタルラジオの藤森慎吾が“悪い虫”として登場し、「君きゃわいいね~」と石田ニコルに近寄るも虫除けスプレーで撃退。サプライズ登場ということもあり、大いに盛り上がりを見せた。

 この日最高潮の盛り上がりを見せたのは、シークレットゲストの田口淳之介。会場がどよめきと歓声に包まれる中、爽やかにランウェイを歩きながら手を挙げその声援に応えていた。「MERCURYDUO」ステージでは、AKB48の小嶋陽菜が同ブランドとコラボレーションしたアイテムを身につけ、サプライズで登場。ランウェイ上でAKB48卒業記念のTシャツを観客席に投げ込み、出演後には「今回は特に盛り上がっていて楽しかった」と笑顔で話していた。

 アーティストステージでは、E-girlsから飛び出したGIRLS HIP HOPユニット「スダンナユズユリー」、3月22日にリリースされる4thシングル「はやく逢いたい」を初披露したDream Ami、3回目の出場となるMACO、昨年4月にデビューを果たしたLeola、神戸開港150年記念事業のテーマソングアーティストに決定したWEAVERが登場し、観客を魅了。最後には「神戸コレクション」の今までを振り返る30回記念VTRが流れ、モデルたちが総出演し華やかに幕を閉じた。

掲載日:2017/3/5 07:00

人気の記事



Page Top