このイベントは終了しました。

芦屋市立美術博物館『春ひらく―芦屋のたからもの ~今に伝わる神社、寺院の宝物~』

岩園天神社絵馬 牛若丸鞍馬山修行之図(芦屋市立美術博物館蔵) 明治12(1879)年
 芦屋市立美術博物館(芦屋市伊勢町)で4月1日から、企画展『春ひらく―芦屋のたからもの ~今に伝わる神社、寺院の宝物~』が開催される。5月21日まで。

 芦屋市内の寺社に守り継がれてきた「たからもの」をテーマに、打出天神社の地車(だんじり)の水引幕や、岩園天神社の絵馬、古来より天皇の乗り物を意味する芦屋神社の鳳輦(ほうれん)、今回が初公開となる伝猿丸太夫木像(でんさるまるだゆうもくぞう)といった由緒ある品々が登場。そのほか、仏教の普及に努めた徳本上人の肖像、芦屋廃寺から見つかった瓦や須恵器、4半世紀ぶりに公開されるという親王寺の寺宝・流水文銅鐸と三角縁波文帯三神二獣鏡を加えた約80点が展示される。

 期間中は様々な催しが予定されており、市内の寺社や桜並木を巡るウォークイベントや展示物にまつわる講演会、マリンバのコンサートなどが実施される。
開催期間 2017年4月1日(土)~5月21日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 芦屋市立美術博物館
(芦屋市伊勢町12-25)
GoogleMapで探す
アクセス 阪神「芦屋駅」から南東へ徒歩約15分
阪神・JR「芦屋駅」、阪急「芦屋川駅」⇒阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」乗車、「緑町(美術博物館前)」下車すぐ
観覧料 一般600(480)円、大・高生400(320)円、中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金
※5月7日(日)、20日(土)、21日(日)は観覧無料
関連イベント ・ウォークイベント―桜の芦屋あるき―
開催日時 2017年4月2日(日)13:00~16:00
定員 20人(応募者多数の場合は抽選)
参加費 200円(保険代含む。別途要展覧会チケット)
申込 往復ハガキに必要事項(住所、氏名、年齢、電話番号、「芦屋あるき参加希望」)を記入の上、芦屋市立美術博物館へ応募
申込締切 2017年3月21日(火)必着

・ホールコンサート「マリンバで彩る伝統の響き」
開催日時 2017年4月16日(日)14:00~15:30
定員 100人(当日先着順)
料金 無料(別途要展覧会チケット)

・講演会
(1)親王寺の歴史と宝物 ―山口県萩市へ 毛利家文書を求めて―
(2)タマムシと仏教 ―美術と博物の融合―
開催日時 2017年5月6日(土)14:00~15:00
定員 60人(当日先着順)
料金 無料(別途要展覧会チケット)

※その他イベント・詳細は公式サイトを確認
問い合わせ 芦屋市立美術博物館
TEL 0797-38-5432

掲載日:2017/3/19 00:00

人気の記事



Page Top