風見鶏の館『建築とインテリアの今昔を学ぶ』 神戸市中央区

 風見鶏の館(神戸市中央区)で3月30日、『建築とインテリアの今昔を学ぶ』講座が開催される。参加申し込みは3月22日まで。

 講座のテーマは「グラスハウス再考 / 透明被膜の可能性」。19世紀以降の現代建築において機能性、居住性能、パブリック、プライベート、エネルギー環境など様々な面で変革をもたらしてきた透明素材の持つポテンシャルを改めて考察しながら再解釈への可能性を考える。

 また同講座は閉館後の夜講座となっており、昼間とは違い温かな照明に照らされた館内の夜の空間も楽しむことができる。
開催日 2017年3月30日(木)
時間 19:00~20:30(予定)
場所 風見鶏の館
(神戸市中央区北野町3-13-3)
GoogleMapで探す
参加費 無料
講師 有馬 徹
(Nerd Overclouded Design Associates&Office GP一級建築士事務所 代表)
対象 16歳以上
定員 30人
持ち物 メモ・筆記用具
申し込み方法 公式サイトにて
申し込み締め切り 2017年3月22日(水)
問い合わせ 風見鶏の館(指定管理者:株式会社 日比谷花壇)
TEL 078-242-3223

掲載日:2017/3/14 00:00

人気の記事



Page Top