miwa、坂口健太郎が登壇 映画『君と100回目の恋』大阪舞台挨拶レポート

 2月4日公開の映画『君と100回目の恋』の舞台挨拶が1月23日、TOHOシネマズ梅田(大阪市北区)で行われ、W主演のmiwaさんと坂口健太郎さんが登壇した。

 大学生の葵海(あおい)を事故から救うため、幼なじみの陸がすべてをかけて何度もタイムリープする純愛物語。彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした“一途男子”を坂口さんが、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ彼女をmiwaさんが演じる。

 “葵海”として楽曲を書き下ろしたというmiwaさんは「映画の撮影前に脚本から葵海の気持ちを想像しながら曲を作って、それが役作りにもなった。おかげで撮影の時はすごく自然に歌えた」と話し、劇中バンドでギターを演奏し歌声も披露している坂口さんは「ギターは初めてでクランクインの前に半年くらい練習したんですけどそれを取材でいうと驚かれる。普通に弾けるように映っていたとしたら嬉しい」とコメントした。そんな坂口さんに対して「かっこ良くて、ギターを持つ姿もすごく様になっているし、実際に弾けていたので驚きました。2人で手の大きさを比べるシーンがあるんですが坂口さんの手はすごく大きいので難しいコードが普通に押さえられる。歌もうまいしね」とmiwaさんがべた褒めすると坂口さんは照れた表情を見せ、観客から「可愛い」との声があがっていた。

 本作で陸が時間を戻せる“秘密”を明かすことにちなみ「秘密にしていたこと」について問われると、miwaさんは堤防のシーンでスキップする設定だったが緊張していてあまりにもスキップがぎこちなかったせいで坂口さんのセリフが「何、その顔?」から「何、その変な動き?」に変更になったことを明かした。最後に、「陸の一途男子っぷりにキュンキュンできると思います。未来や過去にとらわれず今、この瞬間を大切にしたいと思える作品に仕上がっているので、観終わった時に皆さんの側にいる人をより大切に思える気持ちになれるはず(miwa)」「音楽が重要な軸になっている、青春ラブストーリー。楽しんで観てほしい(坂口)」とそれぞれアピールした。

掲載日:2017/1/25 00:01

人気の記事



Page Top