このイベントは終了しました。

阿部寛、天海祐希、遊川和彦監督が登場 映画『恋妻家宮本』大阪舞台挨拶レポート

 映画『恋妻家宮本』の大阪舞台挨拶が1月12日、TOHOシネマズ梅田(大阪市北区)で行われ、主演での阿部寛さん、天海祐希さん、遊川和彦監督が登壇した。3人が登場すると会場からは大きな歓声が沸き起こった。

 作家・重松清の「ファミレス」を原作に、「家政婦のミタ」や「女王の教室」、「偽装の夫婦」などの人気ドラマを手掛けた脚本家・遊川和彦が大胆な脚色を加えた本作。阿部さんと天海さん演じる宮本夫婦の可笑しくも愛おしい物語が描かれている。

 主演2人がお互いの印象を聞かれると「支えてくれる、優しい、頼りがいのある方(阿部)」、「常にどしっと真ん中に構えていてくださっていたので、スタッフも共演者も迷うことなくひとつの方向に歩いていけた(天海)」と話した。本作のキーワードとなる“離婚”について問われた天海さんは「離婚のことを語る前に『お前、早よ結婚せぇよ』と言われると思うのでノーコメントで(笑)」と会場を笑わせ、「でも、傍にいてほしい大切な人にはちゃんと言葉を伝えましょってことだと思います」と付け加えた。大阪の印象について問われた阿部さんは「気持ちを素直に言葉にするので怖い反面、非常に大事な反応だといつも大切に思っている」と語り、遊川監督は「一昨日妻と通天閣に行ったのですが、エンターテイメントな部分をたくさん感じた。そういった大阪のパワーやノリが大好きです」とコメントした。

 本作の見所について「この作品には温かいものがたくさん詰まっているので、ぜひ観てほしい。遊川監督が考えてくださった素敵な言葉の数々も出てきますので、何か感じてもらえればいいなと思います(阿部)」、「外は寒いですがこの作品は温かくて、優しい気持ちになれます。カップルやご夫婦で観ていただきたいと思いますが、もちろん私みたいな独身女性でもOKですよ!(笑)老若男女どなたにも楽しんでいただける作品です(天海)」、「日本には“愛妻家”はいないと思っています。“恋妻家”として毎日少しずつでも夫が妻のこと考えれば、夫婦円満になり、我々皆が幸せになれると思います。そんな思いを込めた映画ですので、観た方にもそう感じていただければ嬉しい(遊川監督)」とぞれぞれアピールした。

 映画『恋妻家宮本』は1月28日より全国にて公開。

掲載日:2017/1/13 16:00

映画『恋妻家宮本』大阪舞台挨拶レポート

人気の記事



Page Top