このイベントは終了しました。

姫路市立美術館『ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス バロックの巨匠たち』

レンブラント・ファン・レイン《襞襟を着けた女性の肖像》ヨハネ・パウロ2世美術館所蔵©Museum John Paul Ⅱ Collection
 姫路市立美術館(姫路市本町)で2月8日から3月28日まで、特別企画展『ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス バロックの巨匠たち』が開催される。

 ルネサンスと並ぶ時代精神の表現で、16世紀末のイタリアから始まり、やがてヨーロッパ全土、中南米文化にまで影響を及ぼすようになったという「バロック」。バロックは「いびつな形の真珠」という意味のポルトガル語に由来し、ひとつの時代を総称する言葉として19世紀後半から使われるようになった。

 当時は豊かな色彩表現やドラマチックな明暗法を得意としたヴェネツィア派がイタリアで活躍する一方、オランダやフランドル地方では精緻な描写を得意とする画家が人気を博すなど、各国の独自性が開花した激動の時代。歴史画から静物画、風景画が独立・発展し、冬至の世俗的なモチーフが宗教画に描かれるなど、絵画は物語を語る媒体だけでなく哲学的な問いを投げかける存在へと変化していった。

 同展では、バロックを主に16世紀末から18世紀初頭にかけて西洋の広い地域に表れた多様な美術様式と捉え、「イタリア絵画」「オランダ絵画」「フランドル絵画」「ドイツ・フランス・スペイン絵画」の4つのセクションから計44点を公開。レンブラントやベラスケス、ルーベンスといった名だたる巨匠たちの傑作に加え、ティツィアーノをはじめとする16世紀のヴェネツィア派やブリューゲル一族の作品を展示し、近代絵画の源流ともいわれるバロック絵画の多様な魅力を紹介する。

 さらに期間中は同館スタッフによる展覧会の解説や講演会、ギャラリーツアーなどのイベントも行われ、様々な角度からバロック美術を堪能することができる。
開催期間 2017年2月8日(水)~3月28日(火)
※月曜休館。ただし3月20日、27日は開館
※3月21日(火)休館
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 姫路市立美術館 企画展示室
(姫路市本町68-25)
GoogleMapで探す
アクセス ・電車
JR「姫路駅」、山陽「姫路駅」から徒歩約20分。または神姫バス(3、4、61、62、64、81番)乗車、「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車

・車
中国自動車道「福崎IC」⇒播但連絡自動車道「砥堀ランプ」下車 約15分
山陽自動車道「姫路東IC」または「姫路西IC」下車 約15分
阪神高速・姫路バイパス「中地ランプ」下車 約15分
入館料 一般1,000(800)円、大学・高校生600(400)円、中・小学生200(100)円
※()内は20人以上の団体料金
関連イベント 【講演会】
・バロック美術繚乱:ヨーロッパから新世界へ
日時 2月12日(日)14:00~15:30(開場13:30)
講師 岡田裕成氏(大阪大学文学研究科教授)
・カラヴァッジョとバロック絵画の潮流
日時 3月5日(日)14:00~15:30(開場13:30)
講師 加藤奈保子氏(福島大学人間発達文化学類准教授)
・バロック美術、その魅力
日時 3月18日(土)14:00~15:30(開場13:30)
講師 田中英道氏(美術史家、東北大学文学部名誉教授)

【ギャラリーコンサート】
・オープニング記念コンサート
日時 2月8日(水)14:00~15:00
・弦楽器アンサンブルコンサート
日時 2月11日(土・祝)14:00~15:00
・ピアノトリオ
日時 2月18日(土)14:00~15:00

【ギャラリー・トーク】
日時 2月25日(土)14:00~、3月12日(日)14:00~

【子どもギャラリーツアー】
日時 2月25日(土)11:00~、3月12日(日)11:00~
問い合わせ 姫路市立美術館
TEL 079-222-2288

掲載日:2017/1/16 00:00

人気の記事



Page Top