このイベントは終了しました。

“『曽根崎心中』以後に何があったのか” 木津川計さんの一人語り劇場 西宮市

木津川計さん
 西宮市フレンテホールで1月14日、 “木津川節”といわれる柔らかい語りで人気の木津川計さんの一人語り劇場が開催される。現在、同ホールや各種プレイガイドでチケット販売中。

 人形浄瑠璃(現在の文楽)と歌舞伎の世界で活躍した日本が誇る劇作家・近松門左衛門、初の世話物(当時の現代劇)『曽根崎心中』について語る同劇場。お初と徳兵衛の心中を描いた『曽根崎心中』は元禄16年(1703年)、人形浄瑠璃で初演が行われ人気を博し、上演後には心中が続き、幕府は相対死(心中)をご法度にするが逆らうものが後を絶たなかったという。同公演では、心中がなぜ禁止されたのかを上方歌舞伎の『曽根崎心中』で語りながら、現代の問題に結びつく文学の役割や本質を明らかにする。
【木津川計さん プロフィール】
1935年生まれ。立命館大学教授を定年退職後、71歳で「一人語り劇場」を旗揚げ。1998年菊池寛賞受賞。京都市芸術功労賞、京都新聞文化賞など数々の賞を受賞。著書に『人間と文化』、『<趣味>の社会学』ほか多数。NHKラジオ「ラジオエッセイ」レギュラー出演中。
開催日時 2017年1月14日(土)
13:30開場/14:00開演
場所 西宮市フレンテホール
(西宮市池田町11-1)
GoogleMapで探す
チケット料金 一般 1,500円
アミティ友の会会員 1,200円
※当日券は各300円増(前売券完売の場合販売無し)
※未就学児の入場不可
チケット販売 西宮市民会館、フレンテホール、なるお文化ホール、
プレラホール、甲東ホール
ローソンチケット 0570-084-005(Lコード54144)
イープラス
問い合わせ 公益財団法人 西宮市文化振興財団
TEL 0798-33-3111

掲載日:2017/1/11 00:00

人気の記事



Page Top